[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

2007/06/23(土) 00:38:14 [未分類] #

誉められちった(*´∀`)ノシ


昨日(今日)のバイト中なんだけどね
やけにお客さんに誉められまくったよ♪
それもモノ凄く微妙な感じで・・・_| ̄|○





ウィ~ン♪
↑自動ドア





最初のお客さんは午前2時前
恰幅の良いヒゲのオッサンでした。


JAV「いらっしゃいませ~♪
オッサン「・・・・・」
JAV「○○○円で御座います♪
オッサン「・・・・・」
JAV「1000円お預かり致しま~す♪
オッサン「・・・・・」
JAV「○○○円のお返しです♪
オッサン「・・・キミ」
JAV「・・・はい?何でしょうか?
オッサン「・・・なかなか良い声をしているね」





は?(゚Д゚)





オッサン「キミ、歌は?」
JAV「は?う、歌ですか・・・?」
オッサン「歌の経験はあるのかい?」
JAV「小学校の頃に齧ったくらいで特には・・・
JAV「その割にはナンタラカンタラでどうこう~(略)
↑よくわからん専門用語?





と、いった具合に3分誉められまくった





次のお客さんは3時頃だったろうか?
ン10年前のホスト風な格好をした
恐らく40代半ば頃な男性客である。


JAV「いらっしゃいませ~♪
男性客「・・・・・ ←ジロジロ見てくる
JAV「○○○円で御座います♪
男性客「キミ、なかなか良い体をしてるな」





へ?(゚Д゚)





男性客「脂肪はついてるモノのバランスがいい」
JAV「はぁ・・・ありがとうございます・・・」
男性客「普通に太ってる人とはまったく異質だよね」
JAV「はぁ・・・ありがとうございます・・・」 ←繰り返しw
男性客「なかなかココまでの体は無いよ、何か運動は?」
JAV「えっと・・・高校までは陸じょ・・・
男性客「やっぱりか!そうだと思ったよ! ←言い終わる前にw
JAV「え?え?え?
男性客「ボクの目には狂いが無かったね♪」 ←JAV腕を叩きながらw
JAV「はぁ・・・そ、そうなんですか・・・」


そしてお会計を済ませると・・・


男性客「ありがとう、頑張ってくれたまえ青年!
と、エラく爽やかな感じで帰っていきました・・・w





何を基準に『良い体』だったのか・・・





~余談~
JAVボディはよく友達に
『勝てないプロレスラー』とか
『売れないAV男優』なんて具合に
微妙に嬉しくない形容をされます(涙w)



3人目のお客さんは女性2人組
片方は真っ白な着物を召していたので
恐らくお水関係のママさんと従業員だろう。


JAV「いらっしゃいませ~♪
お客さん「お兄さん今日もサービスしてねん♪」 ←過去サービスした憶えは無いw
JAV「え~合計で○○○○円で御座います♪
ママさん「じゃあ1万円で」
JAV「○○○○円のお返しです、お確かめ下さい♪





と、お釣りとレシートを渡すと・・・





ママさん「・・・あら?」
JAV「如何なさいましたか?
ママさん「お兄さん、貴方・・・」
JAV「???」
ママさん「爪、短いのねぇ」





爪?(゚Д゚)





ママさん「男の子だもの爪はキレイにしておかないとね♪
お客さん「あ~深爪なんだ♪お兄さん実は好きモノ?www








(´゜ω゜):;*.':;
↑やっと言ってる意味を理解w








確かに深爪していましたよ
小銭拾うの大変なくらい深爪でしたよ
そういう目的も込みでの深爪ですよ(爆w) ←阿呆(だがマナーw)
でもまさかたかが深爪なだけの事に
喰いついて来るお客さんがいたとは・・・_| ̄|○



最後のお客さんも女性2人組
その内1人はよく来る常連なお姉さんだ。



ウィ~ン♪
↑自動ドア


JAV「いらっしゃいませ~♪
客A「スイマセン、トイレ借りて良いですか? ←お初な方の人
客B「うぅ・・・ぐすん・・・ ←常連な方の人
JAV「はい、アチラの奥になっておりま~す♪
客A「どうも、ホラ!顔直してきなよ!!
客B「うん・・・ぐすん・・・





気になるwww





~数分後~
お色直し(笑)を済ませたお姉さん(客B)
連れのお姉さん(客A)に慰められつつ
半泣き状態のままでお買い物


客A「お願いしま~す^^;」 ←カゴ持ってきた
JAV「はい、では失礼いたします^^;」 ←レジ
客B「・・・ぐすん・・・ぐすん
JAV「え~・○○○円でございます♪ ←必死で作り笑い
客A「はい、え~っと5円玉はと・・・
客B「・・・わたし5円あるよ・・・ぐすん・・・
客A「あんがと、後で返すよ^^;」
客B「返さなくていいよ・・・うぅ・・・うぅ・・・





何故そこで涙がぶり返す?(爆





何か5円玉に関わりのある
不幸が彼女を襲ったのでしょうか?w


JAV「えっと・・・よ、よろしいですか?^^;」
客A「あ!スミマセン、じゃあコレでお願いします
JAV「はい、では○○○円丁度お預かり致します」
客B「うゎ~ん・・・ぐすん・・・
客A「ちょっと!何で今更泣くのよ!
客B「だって店員さんに迷惑掛けてるんだもん・・・
JAV「え!?あ、いや別に大丈夫ですよ♪アハハ・・・^^;」
客A「そう言ってるんだし大丈夫、もう行くよ!」
客B「店員さん優しいですね・・・ありがとう・・・うゎ~ん





よくわからんが誉められた(のか?)








~結論~
夜勤は珍妙な客ばかり(爆
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 7 | Trackback: 0

Comment


親愛なるにや♪嬢v-283
あとでガッカリされても困るので
あんまり期待しないでいてください(爆w)

2007/06/27(水) 19:17:32 | URL | JAV [ 編集]


声がいい!?
会える日が楽しみだぁ~

2007/06/25(月) 20:34:32 | URL | にや♪ [ 編集]


親愛なるるみ嬢v-346
一応ボソボソと慰めてる様子は聞こえたんすけどね
あんまり書くと申し訳無い気がしたので内緒にw
↑案外世の中狭いので恐い

とりあえず頑張ります(何を?)


親愛なるキラ嬢v-324
やったね!良い声認定された♪
でも歌の判断は出来なくて当然だよね
だってオフ会でもガンダム(略w)

カラダに関しては太ってる事ありきで
色々語られてたようなので恐らくは
ポーク的な意味合いv-16だったんだろうから
キラ嬢が気にする事はありませんよ(爆w)


親愛なるマイ嬢v-298
大変ではあるけど飽きは来ないっすねw>深夜の客
お水っぽいお姉さんは総じて愉快(笑)だし
酔っ払いのオッサンは見てて楽しいし(爆w)
↑ただ行き過ぎると迷惑なだけw


親愛なるfubuki嬢v-343
勝手に脳内を覗いてくれてありがとうw
早速だけどブログのネタにパクリ頂きました♪

うん、誉められるのはいい事なんだけどね
ただ唐突すぎるというか誉めてる部分が微妙というか・・・w
イミフってのは最後のお客さんの事?
ん~要するに♂関係で切ない事があったらしい(爆w)
(それともお水の方?そっちの意味は・・・w)

>JAVの脳内に興味を抱き
どうせ『H』で一杯だと思ったんだろうにーー;w

2007/06/23(土) 21:26:41 | URL | JAV [ 編集]


褒められるってことはいい事でしょ!?
それでイミフのお褒めは いったいなんだったの?

昨夜、JAVブログの記事を数日分まとめて読ませていただきました^^
それでJAVの脳内に興味を抱き勝手に楽しませていただきましたよ♪
http://maker.usoko.net/nounai/
中心に【秘】があって周りを【休】が囲んでたw
どういうことなんだろう。。。

2007/06/23(土) 19:48:01 | URL | fubuki [ 編集]


深夜は面白いお客さんが多いだろうから色々人間観察ができますね(^-^)
私も昔(5年前まで)は 深夜の珍客の一人だったのかも。 私もお水やってたんですよ(笑)10年くらい。

2007/06/23(土) 09:01:41 | URL | マイ [ 編集]


深夜のコンビニに求められるのは品物だけじゃあないってコトでwww

確かに声は分かる気が・・・www
さすがに歌がどうこうとまでは思わなかったもののイイ声だわ(*´艸`)


カラダは・・・w

いや、ココでイイカラダだなんて言った日にゃあどこ見てたんだと若干不信感を与えるハメになりかねないので自粛だw

何はともあれ普通はそこまで言ってくれるお客様はなかなかいません(^^)

言いたくなるような店員サンがまずいないものw

頑張れっwww

2007/06/23(土) 07:25:48 | URL | キラ [ 編集]


うぅー、最後のお姉さんは気になる気になる!

声がいいのは私も太鼓判押そう。
カラダに関しては、専門外じゃ、スマンw

とりあえず、
頑張ってくれたまえ青年!www

2007/06/23(土) 01:02:02 | URL | るみ [ 編集]

Post Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。