[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

久しぶりなオチ

2009/11/22(日) 21:32:25 [未分類] #

どうなってるのかと(ノ`A´)ノ ⌒┫



イヤね、ウチのコンビニなんだけど
本当に使えない連中ばかりで困る
その負担が主にJAV周辺に
乗っかってくるから尚の事困る



例えば・・・



昨年、コンビニ業界はどこもかしこも
(というとちょっと言い過ぎな気がするがw)
不況の真っ只中にありながらも
売上だけならちょっぴり潤ってました

というのも7月だっけ?
タスポとかが始まったお陰で
『自販機⇒店頭購入という
流れが強くなった結果らしいんだけどね?





店長「あ゛~売上伸びねぇ」





逆に昨年が良かったせいか
今年は前年比で見てもイマイチ
売上が届かないというのが現状

実際に見たデータで言うと
店全体の売上が昨年との比較で
約94%~96%辺りをウロウロ



店長「客の懐がなぁ~
JAV「まぁソレは仕方無いだろ
店長「ソッチもうまい事上がるよう頼むぞ?
JAV「なんだよ俺のせいかよ
店長「ほら、お前の発注のトコも前年比100%届かないし



自分で言うのもナンだけどさ?
店全体が95%辺りにいるのであれば
前年比98~99%でやっているJAVは
比較的頑張っている方だと思う
というか平均以上だから引っ張ってるだろw



~翌日~
発注しながらデータとにらめっこ
の、最中ちょっと気になったので
他の発注区分のデータも参考にしてみる





【月別売上データ】
*8月 93%
*9月 88%
10月 92%

↑店長の発注区分








お前じゃねぇか!!!!








例えば・・・



JAVが仕事を終え
帰宅しようかな~と思った時



マネージャー「アレ?アレアレ?
JAV「ん?どうかしたんですか?
マネージャー「切手が無いんだけど知らない?



ウチのコンビニは切手も売ってるんだけど
バラ売りをする為の切手入れ(ケース?)が
所定の場所から無くなっていた

この日、たまたまJAV率いる夜勤は
その時間帯で切手を販売してなくて
その前(夕勤)の時間までさかのぼり
切手の販売データを洗っていく事に



見つけた最新の販売データを元に
監視カメラの映像を巻き戻して確認
だがしかし最後の販売時の映像では
きちんと片付けがされたいた

もしかすると何かの拍子に
ゴミと一緒に捨てられてるかも・・・
なんて恐怖に駆り立てられるJAV
↑そうなるとJAVの責任問題になりかねない






↑必死にゴミ袋漁り中w






↑2袋目






↑3袋目








見つからない・・・_| ̄|○








残すは最後の手段
録画した監視カメラの映像
最後の販売データの時間から
JAVが仕事を終えた時間まで
チェックして確認をするしか無い





その時間約13時間(死





























マネージャー「あっ!あった~!!








JAVがテープで見るよりも
先にマネージャーが発見






なんとか無事見つかり
コレでJAVも帰宅可能に

でもココまで来ると一体
誰がコレを間違った場所
片付けやがったのか知りたくなる











コレガ切手デネ








新人を指導していた
嫌な先輩が犯人でした(死









指導になって無いぢゃねぇか





例えば・・・



JAVと同じ発注区分を担当している
同じく夜勤で働くスタッフAくん
そう、当ブログでは童t(略w)として
幾度かネタにした事もある彼であるw
↑あくまでJAVの憶測w

JAVの担当してるアイテムは
毎日発注しないといけないモノで
故に1人では担当をしきれないので
お互いの休日はフォローする形で
発注をこなしている訳なんですが・・・



~昨日~





(っ・∀・)っ 納品頑張るぞ~♪





(っ;゚д゚)っ





たぬきうどん(1食入り) ¥158








×22個
↑納品された数








(´゜ω゜):;*.':;








どいつもこいつも○○ばイイのに
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。