[Login]

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告] #

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Permalink | Comment(-) | Trackback(-)

残金¥57

2009/10/16(金) 21:39:40 [未分類] #

どっちかといえば(  ̄∀ ̄)ノシ



少年時代のJAVは比較的
いい子チャンで育ってきました
反抗期ってのも特に無かったし
むしろ歳喰ってからの方が
反抗期に近い感じだよねwww





「お兄ちゃん、あの子ねぇ~





シフトに入ればまずは引継ぎ
この日は久しぶりにおねだり姫
夕方のシフトに入っていました
↑保育士の実習で休んでた


JAV「ん?あの子ってどの子?」
おねだり「あそこの男の子がねぇ~」
JAV「おう、あのイガグリ少年か
おねだり「家出少年でね?」







家出だぁ?( ̄ロ ̄lll)







いやいや、家出少年の話が
本当ならさっさと親御さんなり
お巡りさんなり呼んじゃってよw
と、思ったらそういう訳にいかんとおねだり姫

なんか事情があるんだろか?
取り合えず直接コンタクトしてみる


JAV「どうしたボク?1人?」
イガグリ「うん」
JAV「駄目だぞこんな時間に子供が出歩いてちゃ」
イガグリ「オレ平気だもん」
JAV「お母さんだって心配してるぞ?」
イガグリ「心配なんかしてないし」
JAV「んな事ぁ無いさ、家はどこ?遠いの?」
イガグリ「うん、ちょっと遠いかな」


「帰れ」と言って帰る気配も無いし
そもそもこんな時間に子供1人
帰らせる訳にもいかないので
取り合えず事務所に連れていき
そこで話を聞いてみる事にする
(その間におねだり姫にお巡りさんを呼んでもらうw)



JAV「学校どこ?何年生?」
イガグリ「○○小の4年」
JAV「お、お兄ちゃんと同じ学校だな」 ←OBw
イガグリ「そうなの、ふ~ん」 ←興味無しw
JAV「で、どうして家出してきたのさ?」
イガグリ「お母さんが暴力振るうから」







何!?( ̄ロ ̄lll)







ニュースとかでは見た事あるけど
親が実の子に暴力を振るっているだと!?
これは大問題!事件のニオイがする!!


JAV「ど、どういう時に暴力振るわれるの?
イガグリ「宿題やらなかった時とか、門限破った時とか~」







それ暴力とちゃうわ(爆







おい小僧!それはお前が
悪い事をしてるからじゃないかw
実際「悪い事しなければ殴られない?」と
聞いてみたら「うん」って言うしwww

いくら現代っ子と昔の子とが
育て方が違うとは言ってもさぁ?
JAVだってそれはもう散々
殴られ引っ叩かれ育った訳でw



なんてアレコレ聞いてる内に気付いた


JAV「ん?何時から家出してるの?
イガグリ「ん~5時くらいかな?」
JAV「・・・お前晩飯はどうした?」
イガグリ「食べてない」


どおりでさっきからやたらと
お菓子売り場やらおでんやらを
恨めしそう(笑)に見てる訳だw


JAV「よし、じゃあ何かご馳走してやろう」
イガグリ「え~、いいよ別に」
JAV「ガキのクセに遠慮すんじゃない
イガグリ「え~


とか言いながら売り場へ直行する少年
そりゃ学校もサボった(笑)って話だし
つまりはお昼から何も食ってない訳で
腹も空かない訳がないだろうなw



で、結局カップ麺を購入w
再び事務所に連れて行くと
3分も経ってないのに
早速食おうとする少年www
↑やっぱ空腹じゃないかw

やっとこさ3分経ったトコで
怒涛の勢いで麺をすすりだすw
と、思ったらお巡りさん登場





少年、ちょっとビビる(爆





早速お巡りさんが職質(?)開始
住所、氏名、年齢、電話番号などなど
アレコレと聞き出そうとするモノの・・・


イガグリ「知らない」
イガグリ「わかんない」
イガグリ「覚えてない」





 ̄∀ ̄)
↑笑顔でイラっとするお巡りさんw





結局名前以外は
答えようとしない少年
余程帰りたくないのだろうかw



JAV「へぇ、○○くんって言うのか」
イガグリ「うん、そうだよ」
JAV「○○くん良い事教えてあげようか?」
イガグリ「なに?」





お兄ちゃんが小学校に電話して4年生の
「○○くんって子が家出してるんですけど」
って電話したら一発で全部バレるんだぜ?









(((((;゜ロ゜)))))
↑急にガクブルしだすw







なら聞かれるよりも先に
自分で言った方が罪は軽いぞ
とか適当な脅しをかけるJAVw
↑汚いオトナwwww








当然ペラペラと個人情報を
お巡りさんに伝えはじめる少年
ww








その後、結局住所をゲロったので
パトカーで家の最寄の交番まで補導され
お母さんに引き渡される事になった少年

夜も遅くにコンビニにパトカーで
連れていかれる少年に周囲は
好奇の目?を向けている様子
流石にこの少年も気まずそうである





ほら、遅くまで悪い事してるから
こうやって皆が見てるんだぞ

↑更に追い込んでやる鬼畜なJAVw





悪い事をした子には
このくらいの軽めなトラウマ
刷り込んでやるくらいがベター(爆w)
↑JAV的少年育成論w

ま、結局最後には何も無かったように
手を振ってパトカーに乗ってったんだけどねw
↑図太い少年であるw



おそらく問題は無いと思うけれど
念の為お巡りさんには少年の
主張していた部分の事も伝えて
あとはお任せという事で騒動は解決しました



~3時間後~
休憩に入ろうかなと思った時
1リットルのパックジュースを手に
レジでお会計を済ませるJAV



Sくん「あい、105円ね」
JAV「うぃ、え~っと・・・」





あ゛っ!?







さっきのカップ麺代で
サイフの中身が・・・_| ̄|○








結局飲み物無しでしたw
スポンサーサイト

Permalink | Comment: 0 | Trackback: 0

Post Comment


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら

| HOME |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。